五龍開花公式ルール

*1半荘の対局時間は50分。
50分間で終了しない場合は50分時点での局で終了。

*親決め初回は掴み取りでの仮親を決める。

*対局終了後、次局の仮親は最後に上がった席。流局終了はトップの席

*同点で終局の場合は起家に近いほうが着順は上となる

*開始時、親決めは仮親からのサイコロ二度振り。

*アリアリルール

*赤ドラは各種一枚入れ、一発、裏ドラあり。カンドラ、カン裏あり。

*花牌は使用しない

*カンドラは暗カンでも明カンでも、カンが成立した時点で表示する。
他家の加カンをチャンカンにて上がった場合、カンは成立していないのでカンドラは増えない。

*東場はあがり連荘、南場はテンパイ連荘

*トビ終了あり。箱下計算あり。

*最終局、和了ヤメあり。

*南場終了時点で誰も三万点ない場合、西場に突入。誰かが三万点を越えた時点で終了。

*オープン立直、送りカン、十三不塔、真似満、八連荘、三連刻、四連刻、百万石、紅孔雀は認めない。
基本的にローカルルールは採用してません。

*供託点棒は和了者が取る
 面前、鳴き和了どちらでも

*ダブロンあり。

*切り上げ満貫は無し

*七対子は25符2翻

*ツモ平和は20符

*九種九牌倒牌、三家放銃、四風子連打、二人以上のスーカンツは流局ノーテン扱い。
 親は流れる

*人和は満貫扱い(他役と複合しない)

*数え役満は13翻以上

*0点は続行(リーチはできない)
 1000点以下で「リーチ」と発声した場合、リーチは成立しないのでその局はあがり放棄となり、終局時はノーテン扱いとなる。
 他家同士の点棒移動、全員ノーテンの場合でも誤発声による供託(1000点)が発生するので必ずトビで終了。

*オーラス流局で終了の場合、供託はトップ者に入る。

*複合役満あり。四カンツ(ダブル)・純正九蓮宝燈(ダブル)・純粋な複合役満(字一色+大三元など)

*パオは大三元・四喜和・四槓子のみ(確定させたときのみ)
 ツモられた場合は確定者の一人払い
 確定者以外の放銃は確定者と放縦者で折半

*喰い換えは無し
 123と持っていて4をチーすると1は捨てられません。

*チョンボ時はその局を無効とする(積みは無し・リーチ棒はリーチ者に戻る)
支払いは満貫払い

*カン振り(カン後の捨て牌でロン)は役の加算は無し

*誤ロン
 倒したらチョンボ
 倒さなかったら和り放棄

*誤鳴きは1000点供託
 「ちょっと待った」や明らかな鳴きの気配でも鳴きとみなす
 1000点以下からのリーチも含む

*牌チェックについて
 他家捨牌への腰
 誤鳴きの牌
 倒した牌
 三味線の牌
 現物のみチェックとなりその牌ではロン和了不可(ツモ和了はok)

*鳴き時のさらし間違え
 牌を河に捨てるまで変更可能。
 例)223と持っていて1をチーし123とするつもりが122とさらしてしまった場合、
  牌を河に捨てるまでは123に変更可能。
 例外)223と持っていて1をチーし123とするつもりが122とさらしてしまい、
  3を河に捨ててしまった場合は河から3を戻すことはできない。

*4人リーチは続行

*五龍開花オリジナル役 五龍開花(役満) 面清にて各色の5をリンシャンツモ

inserted by FC2 system